MENU

あさぎ空豆(北川悦吏子娘)のどんな写真家?顔画像やなぜドラマ主人公名と同じなのか!

人気脚本家の北川悦吏子さんの娘さんであるあさぎ空豆さんは写真家として活動されていますが、2023年1月開始の北川さんが脚本を務めるドラマの主人公と同じ名前であることで話題になっています。

あさぎ空豆さんは一体どんな活動をしている写真家なのか、また「夕暮れに、手をつなぐ」の主人公にどうして娘の名前をつけたのか気になります。

今回はあさぎ空豆さん(北川悦吏子さんの娘)はどんな写真家なのか、顔写真やドラマの主人公の名前となぜ同じにしたのかについて調べてみました。

もくじ



あさぎ空豆(北川悦吏子娘)はどんな写真家?顔画像とプロフィール

アナザースカイ(2018年1月18日放送)より

本名:北川埜々香(きたがわののか)

生年月日:1997年生まれ(25歳)*2022年12月現在

職業:元写真家

脚本家・北川悦吏子さんの娘であるあさぎ空豆さんは現在25歳、本名は埜々香(ののか)さんといいます。

2017年のNHK朝ドラ「半分、青い。」で”ブロードビーンの写真”という言葉が出てきましたが、そのブロードビーンとは娘さんであるあさぎ空豆さんのことで、北川さんは娘さんの撮った写真をドラマ内に使用しているんです。

あさぎ空豆さんが以前写真家として活動されていたことは確かなようですが、今は写真家ではなく編集者になったと北川さんはTwitterで紹介していているんです。



北川悦吏子はなぜ娘の活動名義・あさぎ空豆をドラマ主人公名と同じにしたのか

北川悦吏子さんは2023年1月スタートのドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」の主人公に娘と同じ浅葱空豆(あさぎ空豆)という名前を使っていますが、北川さんのファンにはすぐに分かってしまう名前なのに、どうして使うことにしたのでしょうか。

北川さんは自身のTwitterで『誰の名前でもなくなった。あまりにも美しい名前なので世に出しました。』と投稿しています。

今は写真家ではないとツイートしているので、宣伝したかったわけでなく純粋にその名前を残したかったからではないでしょうか。

娘さんのInstagramアカウントには『あさぎ空豆・写真家』とあり、現在もその名前は使用されているものの、プロとしてその名前は使わなくなったのかもしれませんね。

それと、これまでにも北川さんに限らず他の小説家や脚本家は家族の名前を使用しているので、著作権や肖像権に触れなければ名前を使用しても特に問題はないと考えられます。

作品に家族の名前を使用した例

  • 「ビーチボーイズ」広海・海都(脚本家:岡田惠和さんの息子さんの名前)
  • 「くまのプーさん」クリストファー・ロビン(作者:A.A.ミルンの息子の名前)


「夕暮れに、手をつなぐ」の浅葱空豆はどんな役柄?

「夕暮れに、手をつなぐ」の浅葱空豆を演じるのは広瀬すずさんで、TBSドラマの主演を務めるのは初めてです。

浅葱空豆は活発で行動力のある23歳の女性ですが、田舎で育ったせいか強気で野性的な面も。

音楽の世界に進んだ音(永瀬廉)という青年に出会ってファッションに目覚め、空豆はデザイナーを目指すことになります。

音もまた空豆に出会ったことで、行き詰っていた音楽の道に再チャレンジしようと思うように・・・。

互いに惹かれ合っているのに恋がなかなか進まないラブストーリー。



あさぎ空豆(北川悦吏子娘)のどんな写真家?顔画像やなぜドラマ主人公名と同じなのか!まとめ

あさぎ空豆さんは北川悦吏子さんの一人娘で写真家をしていますが、2023年1月から始まるドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」のヒロインの役名になっていることで話題になっています。

あさぎ空豆という名前は確かに素敵ですし、使用することは問題ないようですが、キャストのファンからは「娘さんの名前を使われると演じにくいのでは?」と賛否を呼んでいますね。

「夕暮れに、手をつなぐ」は広瀬すずさんと永瀬廉さんが共演し話題となること間違いなしのドラマとあり、空豆という役がどんな人物なのか楽しみです。

  • URLをコピーしました!
もくじ