「BE:FIRST」を知るなら「THE FIRST完全版」は必見!hulu2週間無料期間で全審査をふりかえる!

BE:FIRST(ビーファースト)リョウキの英語力は?活動歴と俳優の実力も!

「BE:FIRST」のリョウキ(三山凌輝)といえば、スキャンダルのことばかりを取り上げられていましたが、情報番組「シューイチ」で披露した英語力で再び話題となっています。

その英語力については「THE FIRST」オーディション中に話すことはなく、影で努力しているタイプなんだと意外な一面を見ることができました。

その言語力は英語だけにとどまらず韓国語も習得済み、他言語も身につけたいと話しているそうです。

そんなリョウキの英語力が高い理由と、俳優としての活動歴、歌やダンスの実力について紹介していきます。

もくじ

BE:FIRST(ビーファースト)リョウキが英語力高いのはなぜ?

リョウキは2度の留学とインターナショナルスクールに通っていたことが一番の理由のようです。

インターナショナルに通っていたのは3歳〜8歳(小学2年生)、その間にアメリカとオーストラリアに1年ずつ留学経験があるそうです。

そんな小さい頃に留学する子は珍しいと思いますが、リョウキの性格から想像すると本人の希望もあったのかもしれません。

海外での経験でクラスメイトからたくさんの言語に触れ、韓国語も覚えたそうですよ。

韓国語についてはこう話されています。

日常会話を掴むために韓国ドラマを観始めたあらハマっちゃって。見ているうちに韓国の伝統や文化を知ることができて、より韓国語を勉強したくなりました。(引用:https://deview.co.jp/)

「THE FIRST」の中で言語力をアピールすることはなかったですが、最終審査「クリエイティブNEO」のClubJRL「Lonely Night」の歌詞で韓国語があったことに納得がいきました。

小さい頃から多文化との交流があったころはリョウキを見ていると納得できるところも多いのではないでしょうか。

日本では立場や態度を厳しく見るところがありますから、リョウキの態度は時に「嫌われ者」になってしまう面もありましたが、オーディション序盤では「自我が出すぎ、チームのことを考えて」というような内容をコメントをしていたSKY-HIさんも(個性は)「才能と言える」と評価するようになりました。

BE:FIRST(ビーファースト)リョウキの俳優歴

8/23追記:BE:FIRSTデビュー後も俳優「三山凌輝」として活動を続けることを発表しました↓↓↓

リョウキの俳優歴で代表作ともいえるのが「人狼ゲーム デスゲームの運営人」です!

出典:「人狼ゲーム デスゲームの運営人」公式サイトより

一番年下の高校生役「滝快斗」を演じています。

2020年12月公開の映画「縁側ラヴァーズ」では元エンジニア”多井”役でも出演されています。

出典:「縁側ラヴァーズ」公式サイトより

BE:FIRST(ビーファースト)リョウキの活動歴「2.5次元俳優」とは

キャラクターCDから生まれた「ツキウタ。」、その「ツキウタ。」のキャラクターが実際に動きお芝居やステージを披露するのが「ツキステ。」であり、そこのリョウキは出演してきました。

リョウキは「神無月郁」というキャラクターを演じていました。

リョウキ(三山凌輝)が歌う「夜に駆ける」

リョウキさん俳優として活動中、別の一面として音楽・ダンスで表現したいと配信されたこの動画!

この頃からリョウキさんの個性ある歌唱は健在です!!

リョウキ/三山凌輝のプロフィール

・本名:三山凌輝(みやま りょうき)

・生年月日:1999年4月26日(22歳)

・身長:177cm

・出身:愛知県

・血液型:O型

・入っていた部活:ボクシング・サッカー・野球

・趣味&特技:カラオケ・温泉・英語

・THE FIRSTでの順位:

二次審査 4位

三次審査 10位

合宿① 12位

合宿② 6位

合宿最終ステージ 5位

「あの日のTHE FIRST」「裏・THE FIRST」ファン必見!

\ここから無料で見れます!違約金・解約縛りもなし/

BE:FIRST(ビーファースト)リョウキの英語力は?活動歴と俳優の実力も!まとめ

ここでは「BE:FIRST」のリョウキ(三山凌輝)の英語力が高い理由と俳優・2.5次元俳優としての活動歴を紹介してきました。

ポジティブが持ち味のリョウキはグループのメンバーの個性を活かす活動で、「BE:FIRST」を盛り上げてくれるのではないでしょうか。

グループとしての活動が安定されてきたら、また俳優もされる可能性は高いでしょうね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる