「BE:FIRST」を知るなら「THE FIRST完全版」は必見!hulu2週間無料期間で全審査をふりかえる!

フレディ・マーキュリーはいつからゲイなの?バイセクシャル?【ボヘミアン・ラプソディ】

フレディ・マーキュリーが男性が好きだと気づいたのは恋人メアリー・オースティンに「あなたはゲイよ」と言われるよりもっと前、寄宿学校時代までさかのぼります。

しかしメアリーと出会って恋に落ちた時は、女性が恋愛対象だというのは明らかでした。

フレディはゲイ・バイセクシャルだったのか、いつからそうなったのか調べてみました。

もくじ

フレディ・マーキュリーはいつからゲイなの?

フレディがメアリーと交際を始めたのは、フレディが24歳、メアリーは19歳のころ。

どうやらその頃にはとっくにフレディは自分の性の対象は女性だけではないと分かっていたようです。

フレディが男性と関係を持ったのは、7歳から親もと離れて通っていたインドでの寄宿学校での出来事で14歳だったというのです。

両親が暮らしていたのはタンザニアのザンジバル、両親と会うのは夏休みだけだったそうです。

映画の中でも表れていたように両親との距離はこの時に生まれてしまいました。

フレディはとても賢く、音楽だけでなく絵画や様々な才能がありましたが、とても寂しく心の拠り所を求めたに違いありません。

「人の温かさ」を求めた結果だと私は思います。

メアリーと出会った時、フレディはメアリーに一目ぼれしたように見えましたが、またメアリーもフレディに魅力を感じたことがフレディに伝わり、惹かれあったんですね。

フレディ・マーキュリーはバイセクシャル?

バイセクシャルという言葉でまとめてしまうと、少しチープな感じがします。

フレディ・マーキュリーにとって性と愛情は別だったのではないでしょうか。

実際のところは分かりませんが、生涯愛した女性メアリー・オースティンも最後の恋人ジム・ハットンも、フレディにとってもかけがえない唯一の存在だったことは間違いありません。

メアリーと男女の関係をもたなくなっても変わらずメアリーは最愛の女性でしたし、ジム・ハットンと交際している間も体は別のところにあることもありました。←遠回しな言い方ですみません。

「同性・異性関係なく、惹かれあった人は恋愛対象になる」、「性については感情ではない」というのがフレディの心情だったのではないでしょうか。

フレディ・マーキュリーの最愛の人

元恋人で生涯親友であったメアリー・オースティンと恋人ジム・ハットンについては二人への愛情、残したものはご存じのとおりですが、フレディにとって最愛の人と言えるもう一人の人物がお母さまのジャーさんだったと思います。

フレディのお父さまはロックスターになった息子を許せずにいましたが、ジャーさんは熱狂的に息子を応援し、いつも近くで見ていたそうです。

フレディは父親の手前、ジャーさんへの気持ちを全面に出すことができない部分もあったと思いますが、QUEENの「Bohemian Rhapsody」にはママであるジャーさんに愛してほしいけど葛藤する気持ちが溢れていると思います。

QUEENBohemian Rhapsody」和訳付き↓↓↓

フレディの死後もジャーさんと交流関係にあったQUEENのギタリスト、ブライアン・メイは「ジャーはずっと僕らと一緒だった。彼女は僕らの活動の中にフレディの精神が宿っていることを愛してくれていた」と、その後のQUEENの活動にアドバイスをもらうこともあったといいます。

フレディ・マーキュリーのお母さまジャーさんは2016年に亡くなっています。

フレディ・マーキュリーはいつからゲイなの?バイセクシャル?まとめ

まだ同性愛やバイセクシャルについて批判的な声も多かったフレディ・マーキュリーの生前。

はっきりと公表はしないけど、フレディは自分というものを理解してほしかったのではないでしょうか。

メアリーと別れても友人で大切に思っていた事実がバイセクシャルやゲイという言葉をチープにさせる、フレディの人間性を知ることができました。

そしてなんといっても天才的な才能の持ち主であったフレディ・マーキュリーは今天国で、愛する人に再会し共に過ごしているに違いありません。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる