「いきものがかり」山下穂尊脱退で新メンバーの加入はあるのか?

スポンサードリンク




THE FIRST最新記事はこちら

6月2日に夏までに引退を表明した「いきものがかり」ギターの山下穂尊(やましたほたか)さん。

3人だったバンドが2人になることは前例もある話、吉岡聖恵さんと水野良樹さん2人になる「いきものがかり」は新たなメンバーを迎えることはあるのでしょうか。

もくじ

「いきものがかり」山下穂尊脱退で新メンバーの加入はあるのか?

「いきものがかり」は今回脱退する山下穂尊さんとベース水野良樹さんが1999年の高校時代に作ったバンドがはじまり。

2人の同級生の妹だった吉岡聖恵さんが加入し女性ボーカルの3人バンドとなりました。

2017年に活動を一度は活動を休止しましが、いきものがかりは「3人が帰ってくる場所」として、解散説は否定していました。

そして2018年に3人揃って復活されました。

3人バンドからメンバーが一人抜け、2人バンドになった前例は「Dreams come true」や「Every Little Thing」など他にもありますが、新たなメンバー加入はありません。

3人で活動している今もサポートメンバーの中にギター担当はいらっしゃいますし、新たなメンバー加入の可能性は低いと思われます。

また同じ地元出身である先輩アーティストの「ゆず」とコラボしたことも過去にありますので、今後また他のアーティストとのコラボなどで活動することもあるのではないでしょうか。

「いきものがかり」のこれまでの活動

2003年「『誠に僭越ながらファーストアルバムを拵えました…」でインディーズデビュー、その後2006年にエピックレコードジャパンから「SAKURA」でメジャーデビュー。

数々のドラマやCMとタイアップした多数のヒット曲があり、オリジナル楽曲はすべてメンバーによって制作されています。

「いきものがかり」の最大のヒット曲は「YELL/じょいふる」とNHKのドラマ「ゲゲゲの女房」の主題歌「ありがとう」です。

いきものがかり」はヒット曲が多いバンドという印象がありますが、トップ100入りしたのはこの2曲と「ブルーバード」のみなんだそうです!

しかしNHK全国学校音楽コンクールの課題曲に「YELL」が選ばれたり、好きなバンドランキングの上位に入ったりと、知名度はどんどんあがっていきました。

「いきものがかり」2017年の活動休止理由は?

2017年から2018年11月までの間、活動を休止していた「いきものがかり」ですが、その理由について「不仲説」や「音楽性の違い」などが噂されていました。

吉岡さんは「自分の好きな曲を歌っていたい」と語っていたこともあり、メンバーと作る楽曲と吉岡さんが歌いたい歌の方向性が違っていたのでしょう。

ある意味冷却期間だったのかもしれませんね。

活動再開までの間も山下さんと水野さんは再開に積極的だったようですが、吉岡さんは前向きではなかったようです。

しかし2018年の紅白歌合戦をもって活動再開を果たしました。

そして2年半ほどの活動後、色々あった山下穂尊さんの今回の脱退に至るわけです。

ファンからの声は・・・

「いきものがかりのこの曲を聴くと、あのシーンを思い出す」みたいな人って多いですよね・・・

「いきものがかり」山下穂尊脱退で新メンバーの加入はあるのか?まとめ

「いきものがかり」のギター山下穂尊さんの脱退に伴い、新メンバーの加入はあるかどうかについて考察してきましたが、加入はない可能性が高いですね。

20年間3人で続けてきたバンドですから、新たなメンバーを迎えるのは難しいでしょう。

2人になった「いきものがかり」で未達成であるオリコン1位を取れることを期待します。

最期までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

スポンサードリンク




コメント

コメントする

もくじ
閉じる