タイタニック女優”ケイト・ウィンスレット”の現在!結婚子供は?




THE FIRST最新記事はこちら

1997年に公開された映画「タイタニック」で一躍有名になったケイト・ウィンスレットですが、現在は活動されているのでしょうか。

現在は3度目の結婚をされ、お子さんも3人いらっしゃり現在45歳でいらっしゃいます。(1975年10月5日生まれ)

現在のケイトウィンスレットの活動やご家族について紹介します。

https://www.instagram.com/p/Bh3GY3IHzHh/
もくじ

ケイトウィンスレットの旦那さん

タイタニック公開当時、助監督と結婚していることでも話題になりました。

当時の旦那さんはジム・スレアプレトンさんという映画助監督で、2000年に彼との間に女の子が誕生しましたが、2001年に離婚しています。

タイタニック公開当時、映画を見た私は、共演のレオナルド・ディカプリオとの恋を想像しましたが、結婚している事実を知って少しがっかりした記憶があります(笑)

レオナルド・ディカプリオは映画公開前後は特に人気絶頂期でしたからね、タイタニックを見てドキドキしたものです。

余談ですが、ケイトとディカプリオは親友といえるほどのな仲がよく、ケイトの子供もとてもなついているそうです。(ディカプリオは独身です)

その後2003年に映画監督・演出家であるサム・メンデスと再婚し、その年に男の子を出産します。

この結婚の間にレオナルド・ディカプリオとタイタニック以来再タッグを組んだ映画「レボリューショナリー・ロード燃え尽きるまで」に出演し、その監督も当時の旦那さんであるサム・メンデスでした。

しかし2010年に離婚されます。

そして2013年にヴァージングループの会長であるリチャード・ブランソンの甥である、ネイド・ロックンロールと再再婚し、2014年に男の子が誕生しました。

現在は3人のお子さんと旦那さんであるネッド・ロックンロールと暮らしています。

現在のケイト・ウィンスレットのキャリア

1991年16歳でテレビデビュー、1994年19歳の時に「乙女の祈り」で映画デビューしています。

6作目の映画出演作が「タイタニック」であり、当時22歳だったというから驚きます。

役であるローズも若い設定でしたが、22歳のケイトは落ち着きがある大人の女性の雰囲気がありましたし、良家出身という役柄にもぴったりでした。

この映画でアカデミー主演女優賞にノミネートされています。

その後の有名作品といえば、「エターナルサンシャイン」でしょう。

ヒロイン役のクレメンタインを演じ、アカデミー主演女優賞、ゴールデングローブ主演女優賞にノミネートされています。

その後、2008年にアカデミー賞主演女優賞に輝いた「愛を読む人」、ゴールデングローブ主演女優賞を受賞したディカプリオとも共演映画「レボリューショナリー・ロード燃え尽きるまで」に出演しています。

近年では2015年にマッキントッシュ創始者スティーブ・ジョブスの苦悩を描いだ映画「スティーブ・ジョブス」に出演し、ゴールデングローブ助演女優賞を受賞しています。

まとめ

今回は映画「タイタニック」で特に有名なケイトウィンスレットを紹介してきましたが、いかがでしたか?

まだ45歳のケイト・ウィンスレット、これからの活躍も楽しみです。

タイタニックをもう一度みたい方はU-NEXTで無料視聴できますよ↓↓↓

https://tagmon.jp/p/?abid=3agntrhuZT&pc_id=2907&mid={{ID}}

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!




もくじ
閉じる