中谷正義はWBO世界ランキング5位でライト級王者最有力候補!




THE FIRST最新記事はこちら

6月26日にウクライナのWBO2位のワシル・ロマチェンコ選手との試合が決まっている中谷正義選手。

ロマチェンコ選手といえば世界最速三階級制覇した怪物、そのロマチェンコに「最強の敵」と言われる中谷正義選手の戦歴・プロフィールを紹介します!

もくじ

中谷正義選手のプロフィール

なかたに まさよし

出身:大阪府

生年月日:1989年3月8日(32)2021.6現在

身長:182センチ

リーチ:180センチ

所属:帝拳ボクシングジム

中谷選手は独身だそう!

中谷正義選手の人柄

2019年9月のテオフィモ・ロペス戦で判定負けした後、一度引退を表明した中谷選手は「デビューしてから一回でも負けたら辞めようと思ってたから」と理由を説明していました。

その後大学の先輩でもある元WBA世界スーパー・ウェルター級暫定王者石田順裕さんからの後押しもあり、現役復帰を表明しますが、中谷選手の言葉は男らしく強さの理由が隠れていると思います。

中谷選手のツイッターに質問コーナーがありファンからの質問に答えているのですが、そこでのやりとりでも中谷選手の精神的強さが感じられます。

中谷選手の返答:

極限の恐怖ですね。 この相手に本当に勝てるのかどうかと。 人間追い込まれないと中々変われない。 これで変われなければ一生変わらないと思ってやるしかないです。

中谷選手の対戦相手となると世界で有名な選手がほとんどですが、その強豪に立ち向かっていく時の中谷選手が強い精神力を保てる理由が分かりますよね。

中谷正義選手のこれまでの主な戦歴

  • プロデビュー戦:2011年6月12日 VS塩川勝久 4RTKO勝ち
  • OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチ:2014年1月11日 VS加藤善孝 判定勝ち (防衛11回、のち返上)
  • IBF世界ライト級王座挑戦者決定戦:2019年7月19日 テオフィモ・ロペス(アメリカ) 判定負け
  • 2019年9月27日 引退を表明
  • 2020年12月3日 帝拳ボクシングジムに移籍し、現役復帰
  • WBOインターコンチネンタルライト級王座決定戦:2020年12月12日 フェリックス・ベルデホ(プエルトリコ) TKO勝ち

中谷正義VSロマチェンコ戦について

ロマチェンコ選手は現在WBC1位、WBO2位の元三階級王者(フェザー級・スーパーフェザー級・ライト級)。

2020年9月にロマチェンコ選手からライト級タイトルを奪ったテオフィモ・ロペス選手とは、中谷選手も2019年7月に戦っており、12ラウンドで判定負けでしたが、判定まで持ち込んだことにロマチェンコ選手との戦いにも期待が高まっています。

「ロマチェンコ選手は現在チャンピオンではない、世界に繋がる試合になる」と中谷選手も語っています。

ロマチェンコ選手の身長は170センチ、リーチは166センチ、中谷選手は182センチ、リーチは180センチと体格では優勢ですし、ロマチャンコ選手も「彼(中谷選手)はタフガイ、自分にとって最強の敵」と話しています。

中谷選手にとってタイトル獲得に向け勝つ必要があるこの試合、ぜひ勝利を勝ち取ってほしいですね。

中谷正義はWBO世界ランキング5位でライト級王者最有力候補!まとめ

2021年6月27日(日本時間)に行われる中谷正義選手VSワシル・ロマチェンコ選手のライト級戦は世界が注目する一戦になることは間違いないでしょう。

中谷正義選手VSワシル・ロマチェンコ選手の試合は現地時間(アメリカ/ラスベガス)26日18時よりスタートし、日本では現時点でWOWOWプライムで27日11時より放送予定になっています。

一週前に行われた井上尚弥選手がダスマリナス選手に勝利したことに続き、ボクシング界がヒートアップする一戦になるのが楽しみですね!

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!




もくじ
閉じる